期間工の求人が行われるタイミングについて

大規模な工場になると従業員の一定の割合を期間工と呼ばれる職員で構成する考え方があります。
この期間工と言うのは期間に定めのある労働者として求人される仕組みであり、採用された場合であってもその時点で雇用契約解除の日程が明確に決まっていると言う点が特徴になっています。
このような仕事が存在している背景には労働力の調整弁としての機能を期待しているからであるといえます。


例えば製造業の現場においてニーズが高まり生産量の増強を必要とするタイミングにおいて、必要な労働力を確保するために求人を行うと言うのは非常にわかりやすい仕組みです。



しかしながらそのようなニーズに陰りが見えて製造量に減産の方向性が見えた場合、労働力を調整するためには人減らしを行わなくてはなりません。
このような時に時間が経過することによって自動的に雇用契約が解除される期間神が存在していると言うことが大きな意味があるのです。
したがってこの期間子の求人は非正規雇用の仕事であるといえます。

毎日新聞に関する有益な情報をご紹介いたします。

不安定な仕事と言うこともありなり手が少ないと考えられがちですが、期間工の求人の場合には地方からの出稼ぎ労働者等がそのようなニーズに応募することが少なくありません。



地方においては特定の季節だけしか仕事をすることができないと言う産業がいくつもあります。
そのような分野で仕事をしている人が、休みの期間中だけでも仕事がしたいと出稼ぎ労働にやってくる場合にこの期間工の仕事は非常によくフィットします。