TOP > シミの一種 後天性真皮メラノサイトーシスの治療とは

シミの一種 後天性真皮メラノサイトーシスの治療とは

シミは肝斑や老人性色素斑と呼ばれる加齢によるもの、そばかすや傷が原因といったもののほかに、後天性真皮メラノサイトーシスと呼ばれる青みがかったものができることがあります。

青あざと呼ばれていますが、これもシミの一種です。


後天性真皮メラノサイトーシスは頬の上がわにできる事が多く、青みがかった茶褐色をしています、境界ははっきりとせず、ボンヤリしていることが多いのが特徴の一つです。
また左右対称にでることもあり、20代から30代と若いうちから現れることもあります。
後天性真皮メラノサイトーシスは遅発性両側性太田母斑とも言われています。斑や老人性色素斑、そばかすと混在していることも多いため、治療をする際には見極める必要があります。

後天性真皮メラノサイトーシスによるシミの治療にはQスイッチレーザーを照射する方法があります。


Qスイッチレーザーは一般のレーザー治療の事で、深い色素沈着まで届くことが可能です。

このシミの場合深いところまで照射する必要があるので、2~3ヶ月おきに3~5回行うのが一般的です。
肌はやけどを起こしている状態のため、赤くなったのちかさぶたができます。

大阪のそばかす治療情報を簡単に請求できます。

2週間ほどでよくなりますが、肌は弱い状態になっているので紫外線対策をしたり、保湿をする必要があります。



他のシミと違い、時間がたつと消失していきます。

一回消えた後天性真皮メラノサイトーシスは再発しません。



肌のダメージをこれ以上与えないようにアフターケアが大事になってきます。